沖縄療育園(浦添市)

沖縄療育園の福祉サービスメニュー

施設長あいさつ

 昭和47年4月、当時県内唯一の重症心身障害施設として創立され、45年の歴史を刻んできました。定員は100人で、入所対象は重度の肢体不自由と知的障害が重複し、且つ常時医療看護が必要な重度障害児・者です。併設するピノキオでは日中活動支援を行っております。経営理念、経営方針のもと、入所者の人権を尊重し、職員倫理綱領に基づき、医療・リハビリ・療育・介護の支援をおこなっています。年度初めに作成した事業計画書に基づき、こいのぼり掲揚式、ピクニック、園外グループ活動、誕生会、ふれあい祭り、車椅子マラソン、消防訓練、園内美化活動等、多職種が協力しながらわきあいあい行っています。

 「最も弱いものをひとりももれなく守る」という三原則を掲げて活動している父母の会の方針に共鳴し、新年会、忘年会などにも参加、いろんな事業で協力・共同しています。

園長 平安山 英盛


施設の概要

開設年月日 昭和47年4月6日
定員 100人
入所対象者 重度の肢体不自由者と知的障害が重複し、且つ常時医療看護が必要な重度障害児
申込先(入所方法) 市町村において介護・支援が必要との認定を受けた後に施設と契約

苦情解決制度

当施設は、利用者の皆さんや関係機関、ご家族のご意見や苦情に真摯に向き合い、適切に解決し、更なるサービスの質の向上を図ります。第三者委員制度もご活用下さい。