八重山厚生園(石垣市)

八重山厚生園の福祉サービスメニュー

施設長あいさつ

 八重山厚生園は、我が国最南端、10の有人島からなる八重山の中心、石垣島南西側の小高い丘に、白壁に赤瓦屋根が特徴的な施設です。前方の輝く海を大小の船が白波を立てて行き交い、後方のバンナ岳からは、春になるとコッカラーンという赤ショービンの鳴き声が響く自然豊かな環境に立地しています。

 施設は、特養やショートに養護老人ホームを併設し計115名が生活されていらっしゃいます。どのベットからも星空が眺められるよう設計され専門家の間でも高い評価を得ています。

 さて八重山は、多様な文化を有する地域でもあり、祭りや芸能が盛んで慰問や園内行事でも歌・三線や踊りの提供は定番となっています。青年会によるエイサーや舞踊・民謡研究所の舞台公演、幼稚園児達のミニ豊年祭など、利用者もそれらを楽しみ手拍子や笑いが溢れ、和やかな時間が流れていきます。

 このように地域のボランティアの支援もいただきつつ、私たちは、介護技術だけではない人の思いが伝わる仕事だからこそ、笑顔が溢れ、人の和が利用者に潤いのある生活をもたらす、そんな園づくりを目指しています。

 また地元の要望を受け、法人で始めての保育事業「にしのもり保育園」も建設中であり、今後は異世代交流事業を推し進めつつ、さらに高齢化社会に対応した在宅事業の強化にも取り組んで参りたいと考えています。 

 昨年家族会の皆さんが当園に植樹した「サガリバナ」の花言葉、「全ての人に幸せを!」をモットーに!

八重山厚生園長  慶田盛 誠


施設の概要

開設年月日 昭和21年 4月15日 (※八重山救護園として発足)
定員 特別養護老人ホーム:70名
短期入所生活介護:15名
養護老人ホーム:30名
入所対象者

■介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
 介護保険の認定を受けた方
■短期入所生活介護
 要支援1~要介護5までの介護保険の認定を受けた方
■養護老人ホーム
 養護老人ホームは、環境上の理由及び経済的理由により、家庭で養護を受けることが困難な65歳以上の高齢者の方。

申込先(入所方法)

■介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
 市町村において介護・支援が必要との認定を受けた後に施設と契約。
■短期入所生活介護
 利用日程が決まったら担当のケアマネージャーへ相談下さい。
■養護老人ホーム
 町村役場又は市福祉事務所において措置に関する手続きを経て、施設へ入所。

苦情解決制度

当施設は、利用者の皆さんや関係機関、ご家族のご意見や苦情に真摯に向き合い、適切に解決し、更なるサービスの質の向上を図ります。第三者委員制度もご活用下さい。