北嶺学園(那覇市)

北嶺学園の福祉サービスメニュー

施設長あいさつ

 平素より当園へのご理解ご協力を賜り心より感謝申し上げます。

 当園は、昭和57年11月に精神薄弱者更生施設として設置認可され、同年12月に入所定員50名で開園し現在に至っております。

 その間に法律・制度等の改正が行われ、当園も改正等に添った新体系へ移行しながら、現在は障害者支援施設(生活介護事業・施設入所支援事業)、ショートステイ、就労継続支援B型、グループホーム、相談支援事業を実施しております。

 当施設周辺は福祉関係機関や福祉施設等が集まっている「いしみね福祉村」と呼ばれている地域で、周辺道路も拡幅整備され、令和元年10月には「ゆいレール」の延伸に伴い石嶺駅が開業する等、近年著しく変化している地域です。

 制度や地域の環境が変化しても、当園は今後も利用者の皆様一人ひとりの個性が尊重され、その人らしい自立した豊かな人生が送れるよう、職員がワンチームとなって個々のニーズに寄り添った支援を行っていきます。

 今後も家族の皆様や地域住民の皆様、関係機関と連携・協力しながら利用者の皆様の安心・安全な生活を提供するとともに、地域福祉の充実に努めていきたいと思っております。

                                                園長 宮城 朝雄


施設の概要

開設年月日 昭和57年11月 1日
定員 障害者支援施設(50人)
生活介護事業(50人)
ショートステイ(空床・併設型 4名)
日中支援一時事業(10人)
就労継続支援B型(10人)
グループホーム事業(6人)
入所対象者 市町村において、自立支援給付の支給が決定され、受給者証の交付を受けた方
ご利用までの流れ ご利用までの流れはこちら[PDF]

苦情解決制度

当施設は、利用者の皆さんや関係機関、ご家族のご意見や苦情に真摯に向き合い、適切に解決し、更なるサービスの質の向上を図ります。第三者委員制度もご活用下さい。