よみたん救護園(読谷村)

施設長あいさつ

 当園は、沖縄本島中部にある読谷村都屋にあり、東海岸が見渡せ、慶良間諸島が望める風光明媚な住宅街の中にあります。
 当園は、昭和52年4月に生活保護法に基づく救護施設として開園し、身体や精神に障害があり経済的な問題も含めて日常生活を送るのが困難な方々を受け入れ、その方々の生活上の支援・介護を行い、可能な限り生活自立、社会的自立を目標とした支援を行っている施設です。
 利用者の人格を尊重しながら、生活指導・農園芸・手芸・陶芸等様々な訓練、作業に取り組みながら、四季折々に利用者が楽しめる「新年会・浜下り・みかん狩り」など園内外での行事等も工夫して実施しています。
 地域との交流も、毎年「よみたん福祉運動会」、「よみたん納涼祭り」等を地域の福祉団体等と共催して参加し、地域で一番大きな祭りである「読谷祭り」では、利用者が製作した手工芸や陶芸等の作品、大根などの農産物を出展・販売し地域の皆さまから好評を得ています。
 これからも職員が一体となって救護施設としての機能を活かした施設として、更に利用者サービスの向上に努め、安心で快適な施設づくりをめざします。

園長 友利勝政

施設の概要

開設年月日 昭和52年4月1日
定員 100人
入所対象者 身体や精神に何らかの障害や、経済的な問題等で日常生活を送ることが困難な方。
*18歳以上の生活保護受給者が対象となります。
 (生活保護の認定の手続きについては、福祉事務所が行います。)
*救護施設は、受け入れ対象とする障害を定めていない施設です。
*精神障害の他制度の谷間にある方、緊急性のある方、精神科病院への社会的入院から退院した方等も入所しています。
申込先(入所方法) 地域の福祉事務所、役場、民生委員などに相談して下さい。
利用料は、生活保護法の適用になりますので公費負担となります。
(ただし、年金等の支給を受けている方は一部負担があります。)

救護施設の支援内容

 利用者の人権、個人の尊厳に配慮し、安心・安全・快適な環境のもとで、利用者本位の視点を共有し、自己選択・自己決定などの意思を尊重した「個別支援計画」に基づき、自立・自己実現が図れるよう支援しています。また、よみたん救護園では精神保健福祉士による相談援助も行っております。

日常生活支援

介護サービス、健康管理、給食、相談援助、PTリハビリ

自立支援

農園芸、清掃、手芸、陶芸、書道、療育音楽、レクダンス、生け花、機能訓練、調理実習

余暇支援

浜下り、車いすミニレク、ボウリング、芸能鑑賞、日帰り観光、一泊旅行、一時帰省、故郷訪問、夕涼み会、運動会、クリスマス・忘年会、新年会・初詣、収穫祭、生年祝い等

地域との関わり・協働

 社会福祉法人としての役割や救護施設の機能を活かし、施設内の多目的室を開放し、地域の親子の皆さんを招いての「親子陶芸教室」の開催や、地域交流スペースにおいては、地域の防災支援を兼ねた設計にする等、地域に信頼され愛される施設づくりに取り組んでいます。
 毎月の社会奉仕作業では、利用者職員で協力し、環境美化にも取り組んでおります。

苦情解決制度

当施設は、利用者の皆さんや関係機関、ご家族のご意見や苦情に真摯に向き合い、適切に解決し、更なるサービスの質の向上を図ります。第三者委員制度もご活用下さい。

よみたん救護園

よみたん救護園

〒904-0305
読谷村字都屋167

アクセスマップはこちら

入所サービス利用のご相談はこちら

TEL:(098)956-4111 FAX:(098)982-8900